敷金トラブルの現状とは


敷金問題というのは何時の時代も本当に絶えないものです。
平成10年に敷金問題のガイドラインというものが国土交通省(旧建設省)から発表されました。

10年以上前では掃除代・修繕代は全て賃貸退去者(契約者)が負担して当たり前ということが常識的でした。
そのため不動産経営というものはそういうものだという認識(建設費等の支払いを含めた収益計算書)の元で経営して来た大家さんは、国土交通省(旧建設省)が出しているガイドラインだけを参考にしていると、赤字経営になってしまうことがあり得るという現状も問題になってきています。

人間同士がお互いの思い・考え・敷金というものに対する見解のずれ。
汚れに対する考え方の違い等によって防ぎきるのが難しいものなのかもしれません。

大家さんの中には経年変化というものをまったく理解してくれず敷金を全額原状回復費用に充てた上、なお、お金を請求する・・・そのような問題に悩んでいる賃貸退去者(契約者)さんも多いと聞きます。

また、最近のマスコミなどの一部間違った報道により何が何でも敷金というものは、必ず返ってくるもんだと勘違いする賃貸退去者が増えたことにより、全く補修費が取れず困り果てる大家さんもいるようです。


借主の過失による損傷を回復精算しないで敷金全額返金等を行っている大家さんがいるとすれば、家賃というものはそれ相応に高くしないと経営的には厳しいと思えます。

確かに、不動産経営は事業とはいえ大家さんが抱えているリスクというものは非常に多いものです。
また昨今はより一層そのリスクが増していると思えます。
上記の理由によりアパート経営をしても、魅力がなく、やめていく大家さんも多いようです。

敷金の問題になると大家さんが悪者のように見受けられることが多くなりましたが、マンション経営者(大家さん・不動産管理者)も苦労が絶えなく、困惑し、悩み、苛立つ気持ちをおさえながら経営している方も多いと思います。

当サイトでは、最近の「何でも経年変化」また「敷金は全額戻ってくるものだ」という考えは一切しておりません。
借りた人は元の状態で返すのが世の常識であり、その点を良くご理解の上、お互いが一方的な権利だけを主張することがないよう願います。

必ず双方が、理解しなければいけないことがあります。
それは借りた人は『汚れた物、壊した物は自分で直す気持ち』であり貸している人(大家さん)は『建物は自分の資産であり、それを貸して収益しているわけですから、それに伴うあたりまえの維持管理及び、負担は考えなければならない』ということです。

時代の流れもあり、昨今は、自分だけが被害者意識を持ち損をしていると思っている人が多くなっているようですが、偏った屁理屈による啀み合いが少なくなることを望みます。

あくまでも当方が世の中の状況等を考えた上で妥当ではないかということを言わせて頂きます。
またガイドライン等がはっきりしたライン引きを利用していないという声を聞きますが、このような問題は、人間の思考及び感覚的な違いもあるので全案件において甲乙を断定・示表できるものではないと考えます。
ここでは当方がどちらの立場に立っているわけではない事をご理解ください。

当サイトは、法律事務所・不動産会社・不動産検索サイト・公的機関などではありません。
当サイトで得た知識を使用し、トラブルが発生した場合には、当サイトでは一切の責任を負いません。
あくまでもサイトを見られた個人個人の方々の判断により行動して下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。